恋泥棒

【恋泥棒】

song/word Tsutomu Kiyota

火傷しそうなほどに熱くなった砂浜を
はしゃいでる君は真夏の恋泥棒

小麦色した肌に波渋きが輝く
当然の事ながら僕なんて問題外

もしも、僕が唯一の人に成れるのならば
揺れる水平線を抜けてEndlessTravering

夏をすり抜けて行く風は君の
髪を揺らし甘い香りが僕を虜にしてゆく。
波に濡れたTシャツに釘づけ
妄想が予想以上に巡る真夏の夢

揺れる波に浮かぶ恋の浮袋を
見付けたとたんに僕は海に飛込んだ。 

いつの間にか波に浚われてハナレバナレ
頼みのクロールにすべて注いで追いかけた。

向う先が大時化でも君が
傍でいてくれてたら強く生きていけるような気がした。
涙に溺れる夜をくぐりぬけて
たどり着いた希望島に光が差し込む…

Word一覧に戻る

ツイートツイート